なぜ水素酸素なのか?

水素酸素吸入による最先端のコンディショニングは自律神経機能を向上させアスリートのパフォーマンスを飛躍的にアップさせます。水素ガス(水素分子)を含む水のことです。(水素分子が水に溶けて水素イオンになることはありません。また水素分子が直接phに影響することもありません。)
現在は、水素ガスを高圧・バブル化して、水に溶存させたタイプと、水を電気分解させて水素分子を発生させて作る水素水のふたつのタイプがあります。
さて、そもそもその水素とは何なのでしょうか。
【水素原子(H)2つが結合して安定した水素分子(H2)。水素ガスのこと。あらゆる物質のなかでもっとも小さく軽くて拡散性がある。ペットボトルやガラスビンなども簡単に通過してしまうほど小さい。常温では無色、無臭。味もしない。宇宙で最初に作られた物質。”燃えやすい”イメージもありますが、すぐに拡散され。4%以上の濃度にならなければ燃えない。】

自律神経機能の強化

自律神経のバランスは、身体的、精神的ストレスにより崩れ、交感神経が活動時に、副交感神経が休息時に充分機能しない状態に陥ります。その結果、身体機能や集中力の低下、血流量の減少、免疫機能の低下などを引き起こし、最大限のパフォーマンスを引き出す妨げとなります。従って、このバランスを整える事がアスリートのコンディショニングに必要です。

トータルパワーの向上

トップアスリートの多くは交感神経の機能レベルが非常に高い事が分かっています。従って、副交感神経レベルを向上させる事で自律神経全体の機能(トータルパワー)が強化され、身体機能や集中力のアップおよび肉体的、精神的負荷への耐性が向上し、パフォーマンスの向上が期待できます。

自律神経を向上させる効果

自律神経のバランスを測る装置であるBiocom社の「インナーバランススキャナー」は非常に優れたデバイスで、旧ソ連が宇宙飛行士や軍人の自律神経機能を測定するために開発したシステムなのですが、この装置で水素を吸引する前と後での自律神経の状態を測ってみました。

水素吸引の前後の自律神経の状態はどうなったか――なんと、明らかに水素吸引後の自律神経のバランスに向上が見られたのです。格闘家のダニロ・ザノリニなど、プロスポーツ選手たちに行なった治験でも自律神経向上の結果が出ています。
これは水素療法の新たな効果として今後、大きく注目される結果となりました。

多くのアスリートをサポートしています。

「ヤンマー・モスワールド2016」世界選手権大会

「ヤンマー・モスワールド2016」世界選手権大会:大会スポンサーとして参画。コンディショニングルームを展開し、理学療法士による治療とLHG9台による水素酸素吸入を実施。2016年5月23日~29日の一週間でのべ 200人のトップ・セーラーにコンディショニングを提供。

モータースポーツ

ル・マン24時間レース:日本人で唯一、「世界三大レース」に参戦経験のある中野信治選手をサポート

SUPER GT/スーパー・フォーミュラ:日本のトップチーム、「チーム・ルマン」 がLHGを使用
SUPER GTドライバー:アンドレア・カルダレッリ選手(イタリア)、大嶋和也選手
スーパーフォーミュラ ドライバー:ナレイン・カーティケヤン選手(インド) 、小林可夢偉選手

 

LHG水素発生装置

LHG水素酸素発生装置は、株式会社レガルシィが研究開発に10年をかけた秀逸な装置です。体内で発生した活性酸素を還元作用で水に変えて排出させます。もちろん、悪玉活性酸素にしか反応しません。そして副作用がないことも医学的に証明されています。

電流・電圧をリニアにコントロール。常に最適な量の水素酸素混合気体を発生させることが可能。(特許取得済)
また、原水に高電圧、高パルスを与え気体の発生効率を高めています。*国際特許番号WO2011/030556 A1

製品仕様
商品名: LHG-LS (with safety pump)
幅 x 高さ x 奥行: 255mm x 525mm x 570mm
乾燥重量: 約18kg(総重量 約23kg))
電源: AC100W~240V (海外対応)
消費電力: 約350W
水素濃度・発生量: 濃度660000ppm 標準約600cc/分(任意設定可能)
最大発生量 1000cc/分 (連続運転は短くなります)

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-2-1-501
TEL:03-3320-0533
URL:http://lhg.jp/

アロマテラピーをLHG水素発生装置との相互作用によりし心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とします。