第1回 528Hzの音楽とは

Salon528の監修を行っている、さかえクリニック院長・医学博士でもある末武信宏先生と528Hz作曲家であり、2015年日本レコード大賞企画賞を受賞されたACOON HIBINOさんとの対談形式で528Hz音楽についてもっと知っていいただくための企画です。

末武:ACOON HIBINOさんが取り組んでいる、528Hz音楽の意味とはどういったものか素人でも分かりやすく教えていただけますでしょうか。

ACOON:昔からドレミファソラシドがあったというわけではありません。ドレミの音階は今から数百年前に出来たものです。元々はソルフェジオ周波数というものを含んだものが世の中に広まっていました。音楽がキリスト教の一環として使っていたのですね。

528Hzの音叉を鳴らすACOON HIBINO氏

 

ACOON:実際に528Hzの音を聞いていただきましょう。(528Hzの音叉を鳴らす)こちらは純水な528Hzという音になります。

528Hzが力を持った音だということは知っていたのですが、どのように使えば良いのか。どうするかというと528Hzが持っている特徴を活かして15・6種類ともいわれている音が同時になっている倍音という音を使って何かできないかと考えたのが528Hzとの出会いでした。

528Hzの可能性とは?

ACOON:音とは波なのですが、この波を形成する半分になったり4分の1になったり3分の1になったりするのですが、その波動がしっくりくるポイントがあります。そこを3度だったらミの音にしましょう、5度だったらソの音にしましょうという形で調べていく中で

528Hzの単音を聞いても癒やされるといったことは分からないですが、528Hzの倍音を使って曲を構成すれば何か出来るのではと思ったのが最初でした。この豊富な表現を528Hzを使うことでこの音楽の良さを広めていけるのではないかと思い現在の活動に至ります。528Hzというのは、昔からあった音であって今に始まったものではないということですね。

末武:わかりました、ありがとうございました。

 

ACOON HIBINO プロフィール

近年、愛の周波数と呼ばれている528Hzの響きを活かした演奏活動を始め、2015年1月テイチクエンタテインメントより、フルアルバム『心と体を整える~愛の周波数528Hz~』でメジャーデビュー。

同年7月には、第2弾フルアルバム『自律神経を整える音の処方箋〜愛の周波数528Hz〜』をリリース。
CD不況と言われている音楽業界で、記録的なヒットとなる。

今までにはなかった「機能を持つ音楽」を生み出す日本で唯一の528Hz作曲家・ピアニスト。

528Hzを音楽理論や医学的観点から作曲。その手法が高く評価され、日本レコード大賞企画賞を受賞。

滋賀県出身
1981年 関西学院大学在学中よりピアノと作曲をはじめる。
2009年 初ソロアルバム『Souvenir』をリリース。
2012年 外務省主催日中友好イベント香港最大規模のコンサートホールに出演。
2013年 リラックス効果が得られる528Hzの響きを生かした演奏活動を開始。
2014年 アルバム『ZEN PIANO -Master528』をリリース。米国ポートランド ジャズフェスティバルに出演。
2015年1月テイチクエンタテインメントより『心と体を整える~愛の周波数 528Hz~』でメジャーデビュー。
2015年7月『自律神経を整える音の処方箋~愛の周波数528Hz~』
2015年9月『MIZUTAMAHIME Feat.赤穂美紀』
2015年12月『やすらぎ~愛の周波数528Hz~』
2016年1月『睡眠を誘う音の処方箋~愛の周波数528Hz~』
2016年4月 臨床試験も行った犬専用アルバム『いぬのやすらぎ~愛の周波数528Hz~』をプロデュース
2016年7月『心と体を整えるⅡ~愛の周波数 528Hz~』12曲目に収録されている「FUTUREs」は別府温泉のテーマ曲に採用されている。
2016年8月 世界初の528Hzオルゴール「プリモトーン」を利用したオルゴール作品『おやすみあかちゃん』をプロデュース

 

末武信宏プロフィール

日本美容外科学会認定専門医としてアンチエイジング診療 を行なうかたわら、順天堂大学医学部非常勤講師としてスポーツ医学・自律神経の研究を行なう。JBC認定プロボクシングトレーナー、オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手、ツアープロゴルファー、格闘家、メジャーアーティストなどのトレーナーを担当。

医学博士
さかえクリニック 院長
順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会 認定専門医(第219号)
JBC公認プロボクシングトレーナー(NO.31532)
第88回 日本美容外科学会 会長

一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(AMSA)副代表理事
一般社団法人 日本臍帯・胎盤研究会 筆頭理事
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
株式会社オトボトケ 取締役